アプリ・機能


アプリ・機能

 

6月に行われた「WWDC2014」で、新OS「iOS8」が発表されました。

iOS 7ではUIの一新を図ることで、フラットデザインになり、見た目が大きく変わりましたが、iOS 8では既存機能の強化や新標準アプリHealth等が中心になるようです。

 

Tips

アプリ Tips

iOS 8のベータ版、iOS 8 Beta 4の新アプリ「Tips」は、その名の通り、iOS 8に関するユーザーの気付きにくい機能やショートカットなどについて、簡単な説明と使い方を画像を用いて分かりやすく教えてくれるアプリです。

このアプリは定期的にアップデートされる予定で、iOS 8に新たに追加された使い方や機能を全てカバーされるそうです。

 

Health

アプリ Health

新たにiOS 8に搭載される予定の『Health』と呼ばれる新しいアプリは、多くの健康アプリ同様に、睡眠や歩数、カロリー、心拍数などの測定を行い、Apple純正以外のサード・パーティのアプリと連動させることが可能な健康管理アプリです。

 

HealthKit

HealthKit

開発者向けの新しいツール『HealthKit』も公開されました。

『HealthKit』を使えば、アプリ開発者が作成したアプリケーションがユーザーの健康データに
アクセスできるようになります。

例えば、血圧管理アプリケーションのデータを、自動的に主治医と共有することができることが可能になったり、栄養管理アプリケーションからフィットネスアプリケーションにその日の摂取カロリーを伝えることも可能になるなど、あなたの健康管理をサポートしてくれます。

 

QuickType

QuickType

iOS 8では「Quick Type」が搭載され、ソフトウェアキーボードの機能が拡張されます。

iOSのキーボードをタイピングすると、瞬時に次にタイプされるであろうと予測される3つのサジェストワード、またはフレーズが表示されます。

しかし、予測ワードが出るとセキュリティ上の問題が出る可能性もあるため、その予防策としてURLやEメールアドレス、電話番号などは予測表示されないようです。

QuickTypeに対応する言語は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル後、スペイン語、繁体字、簡体字、そして日本語となるようです。

 

また、サードパーティ製キーボードがインストール可能になる予定で、ジャストシステムがATOKのiOS版を提供することを表明しています。