iOS11はSafariで直接QRコードが読める


iOS11はSafariで直接QRコードが読める

iOS11でカメラアプリに『QRコード読み取り機能』が追加されました。

これまでiPhoneやiPadの標準ブラウザアプリ「Safari」に表示されるQRコードは、直接読み取ることができず、一度QRコードを画像として保存し、QRコードのアプリなどで開いて読み込む手間が必要でした。


iOS11バージョンは、Safariで開いたQRコードを直接長押しすることで、読み取ることが出来るように改良されました。

読み取ったQRコードがURLの場合は『URLを開く』、テキストの場合は『WEBを検索』、連絡先であれば『連絡先に追加』といった各種対応のボタンがメニューに表示されるようになり、とても便利になりました。

数あるQRコードアプリも、使い勝手が悪かったり、なぜか上手く動かなかったりと不具合のあるアプリが多く、気付けば5~6個アプリをダウンロードしていたこともありますが、カメラ標準装備になったことで、QRコードアプリはもう不要かもしれませんね。

参照元:SBAPP

コメント投稿は締め切りました。